1980年代のアップル製品コンセプト--Frog Designのエスリンガー氏著書より - 18/23

Christopher MacManus (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 タッチスクリーンディスプレイを搭載したコンセプト「Macphone」を見よ。1984年、Hartmut Esslinger氏は自分の連絡先リスト上の人々宛てに手書きのメモを送信できる高度な通信ツールとして、このデバイスを思い描いた。画面上のイニシャルが何を意味するのか不思議に思っている読者もいるかもしれない。SJはSteve Jobs氏のイニシャルで、JSは当時最高経営責任者(CEO)だったJohn Sculley氏のイニシャルだ。

 タッチスクリーンディスプレイを搭載したコンセプト「Macphone」を見よ。1984年、Hartmut Esslinger氏は自分の連絡先リスト上の人々宛てに手書きのメモを送信できる高度な通信ツールとして、このデバイスを思い描いた。画面上のイニシャルが何を意味するのか不思議に思っている読者もいるかもしれない。SJはSteve Jobs氏のイニシャルで、JSは当時最高経営責任者(CEO)だったJohn Sculley氏のイニシャルだ。

提供: Hartmut Esslinger, Frog team

  • このエントリーをはてなブックマークに追加