logo

刷新された「Office 2013」レビュー--タッチ操作に対応、サブスクリプションモデル導入など - (page 3)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年02月07日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インストール

 Officeのインストールは、スタンドアロン版を買った場合も、サブスクリプションサービスに登録した場合も同じで、Office.comにアクセスすることで開始する。作業は、小売店(Microsoft、Amazon、その他)から受け取ったプロダクトキーを入力し、指示に従っていくだけだ。これで、スイートのソフトウェアのデジタルコピーがダウンロードされ、ハードディスクから直接起動できるようになる。

提供:Jason Parker/CNET
Office 2013にもリボンが存在し、選択したコンテンツの最も一般的な使い方を検知して、各タブに豊富なツールを提供している。しかしリボンの機能があまり好きではなければ、隠して必要な場合のみ元に戻せるオプションがある。
提供:Jason Parker/CNET

インターフェース

 アプリケーションのインターフェースはスイート全体にわたって徹底的に作り直されており、その多くは改善されている。まず、「Office 2007」で登場した際に多くのユーザーを失望させた「リボン」は、新Officeでも引き続き採用されている。不満を言う前に、Microsoftが今回はこれをオプションにしたということも考慮に入れてほしい。今回は、このすべてのタブから網羅的にツールを集めたインターフェースを表示したり隠したりすることができるため、これをどれだけ使うかは自分で決められる。私はOffice 2010のレビューでリボンが好きだと書いたが、Microsoftが賢い変更を施したという意見に反対するユーザーからの声を多く聞いた。

提供:Jason Parker/CNET
新たな「Presenter View」では、次のスライドを右側のプレゼンテーション内に表示し、左側にツール(仮想のレーザーポインタなど)やメモを提供する。そのため、次に何が表示されるかが常にわかる。
提供:Jason Parker/CNET

 リボン以外では、インターフェースはOffice 2010以前のOfficeに似ているが、ずっとシンプルなものになっている。「Word」「PowerPoint」「Excel」に新たに追加されたスタートページを使えば、ソフトを立ち上げてすぐにそのアカウントで最近使った文書と新しいテンプレートを開ける。フラットなボタンと十分なスペースによって、インターフェースはあまり混み合ったものに見えなくなっている。インターフェースに関する他の修正点は、タブレット向けのもので、「OneNote」でオプション(共有、検索、拡大縮小など)を選択する際に使われる、押した部分の周囲に放射状に表示されるメニューなどだ。Office 365の全体的な感触としては、より合理化が進み、クラウドに統合されている。また、主要なアプリに追加された新しいスタートページが、複数のデバイスで同じ文書を扱っている場合に特に便利だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]