logo

刷新された「Office 2013」レビュー--タッチ操作に対応、サブスクリプションモデル導入など - (page 4)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年02月07日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェア

 Office 365の主要アプリはアップデートされて、見た目が新しくなり、タッチスクリーンのタブレット、デスクトップコンピュータ、スマートフォンのいずれでも利用できる新機能がいくつか追加された。Office 365 Home Premiumには、「Outlook」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Access」「Publisher」を含む、よく使われるOfficeソフトがすべて含まれている。

 Office 2013の使い勝手は全体的にスムーズなものになったが、これはインターフェースの改善だけでなく、さまざまな作業が簡単になるようにアプリが修正されたことにもよる。たとえば、Wordの新しい「閲覧モード」では、タブレットで本のページをめくるように文書をめくって読むことができ、言葉の定義を調べる、翻訳する、ウェブを検索する、などの一般的に文書を読んでいるときに役に立つ機能だけが使えるようになっている。新バージョンのWordには派手な機能も追加されており、文書の中で動画を再生することもできるようになっている(オンライン接続が必要)。これによって、Word文書はプレゼンテーションツールとしてさらに役立つようになるだろう。また、文書を読んでいる際にその一部を隠せるように、セクションを折りたたむオプションや、ひと目で文書のどこを読んでいるか分かる操作ペインなど、そのほかの便利な機能もある。こういったオプションの一部は、常識的なものに見えるかもしれないが、Microsoftの施した変更は、過去のバージョンでは複雑だった操作の多くを、Office 2013ではわずか2クリック(2タップ)でできるようにした。

提供:Jason Parker/CNET
ニュースレターやチラシ、バースデーカードを作りたければ、Publisherには役に立つテンプレートがたくさん用意されている。
提供:Jason Parker/CNET

 重要なのは、もっともよく使われる機能が、1クリック(タップ)で使えるようになったということだ。たとえばExcelには、「クリック分析レンズ」という機能が加えられた。この小さなタブをクリックすると、スプレッドシート中で選択されているデータの視覚化について、推奨される方法が表示される。ここからもう1度クリックするだけで、書式を適用したり、スパークラインを作成したり、図表を追加したりすることができる。あるいは、PowerPointであるテーマを使ってプレゼンテーションを作成していたが、見栄えを変えたくなったとしよう。2度ほどクリックするだけで、(さまざまなテーマを見て)テーマを変更して、コンテンツを新しいスタイルに移行することができる。PowerPointには、新しく「発表者ツール」も追加された。これは、発表の際に舞台裏でノート付きのプレゼンテーションの操作や閲覧をしたり、素早くスライドを切り替えたりできるものだ。Outlookにも「プレビュー」と呼ばれる新機能がある。これは、メッセージウィンドウを離れずに、スケジュールや特定の予定をのぞき見ることができるものだ。また、ソーシャルコネクタ機能も追加され、連絡先に登録されている人と「Facebook」においてもつながっていれば、Facebookの近況などの情報が表示される。こういったすぐに使える機能はみな、利便性を増し、以前のMicrosoft Officeで必要だった手間を省いてくれる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]