logo

NASAの巨大風洞--これまでに行われたテストの数々を写真で振り返る - 8/9

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1999年3月、有人動力飛行100周年を祝うプロジェクトの一環として、「1903 Wright Flyer」のフルスケールのレプリカがNASAエイムズ研究センターの40フィート×80フィート(約12m×24m)の風洞内に設置され、この飛行機の空力特性を歴史的に見て高い精度でデータベース化するためのテストが行われた。エンジニアらは風洞内で2週間にわたり、このレプリカの安定性や操縦性、ハンドリング性を、最大27ノット(時速30マイル(秒速約13m))の風速で調べた。
Scroll Right Scroll Left

 1999年3月、有人動力飛行100周年を祝うプロジェクトの一環として、「1903 Wright Flyer」のフルスケールのレプリカがNASAエイムズ研究センターの40フィート×80フィート(約12m×24m)の風洞内に設置され、この飛行機の空力特性を歴史的に見て高い精度でデータベース化するためのテストが行われた。エンジニアらは風洞内で2週間にわたり、このレプリカの安定性や操縦性、ハンドリング性を、最大27ノット(時速30マイル(秒速約13m))の風速で調べた。

提供: NASA Ames/Tom Trower

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]