logo

NASAの巨大風洞--これまでに行われたテストの数々を写真で振り返る - 2/9

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Mars Science Laboratory(MSL)の探査機である「Curiosity」用の着陸パラシュートのテストも、NASAエイムズ研究センターの80フィート×120フィート(約24m×37m)のテスト区画で行われた。このパラシュートは、地球外ミッションで使うために作られたものとしては過去最大だった。この画像では、認定テスト用の予備パラシュートが、テスト施設内で時速80マイル(秒速約36m)の風を受けて膨らんでいる。このパラシュートにはサスペンションラインが80本ある。パラシュートの長さは165フィート(約50m)以上あり、開くと直径は約51フィート(約16m)近くになる。

 パラシュートや回転翼といった一部の飛行形態は、空気との相互作用が固定翼機よりもはるかに複雑なため、縮尺モデル研究では限界がある。優れたコンピュータシミュレーションも行われているが、空気と回転翼やパラシュートとの間の正確なデータを集めることに限界があるため、NASAはこの空洞でのフルスケールテストは非常に有益だとしている。
Scroll Right Scroll Left

 Mars Science Laboratory(MSL)の探査機である「Curiosity」用の着陸パラシュートのテストも、NASAエイムズ研究センターの80フィート×120フィート(約24m×37m)のテスト区画で行われた。このパラシュートは、地球外ミッションで使うために作られたものとしては過去最大だった。この画像では、認定テスト用の予備パラシュートが、テスト施設内で時速80マイル(秒速約36m)の風を受けて膨らんでいる。このパラシュートにはサスペンションラインが80本ある。パラシュートの長さは165フィート(約50m)以上あり、開くと直径は約51フィート(約16m)近くになる。

 パラシュートや回転翼といった一部の飛行形態は、空気との相互作用が固定翼機よりもはるかに複雑なため、縮尺モデル研究では限界がある。優れたコンピュータシミュレーションも行われているが、空気と回転翼やパラシュートとの間の正確なデータを集めることに限界があるため、NASAはこの空洞でのフルスケールテストは非常に有益だとしている。

提供: NASA Ames/Dominic Hart

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]