logo

NASAの巨大風洞--これまでに行われたテストの数々を写真で振り返る - 9/9

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)、Navistar、米エネルギー省は、NFACの80フィート×120フィート(約24m×37m)の風洞テスト区画でスモークテストを行っている。このプロジェクトの背景にある考え方は、高速走行時の燃料消費量を10%減少させる方法を見つけ、商用トラック業界で役立てることだった。さらにそれと関連して、消費者レベルのプロジェクトに広げ、燃料コストを削減し、二酸化炭素排出量を減らすことも目指している。

 NFACが継続的に利用されていることは、スーパーコンピュータと高性能なコンピュータモデリングの時代においても、現実に作用している空気力学的な力を理解するには風洞テストが依然として不可欠だという事実を浮き彫りにしている。コンピュータの利用は幅広いテスト条件のモデリングと導入を可能にするものの、複雑な状況において精度の高い結果を生み出す能力について考えると、今後の新しい飛行機やさまざまな航空宇宙機の開発とテストでは、NFACのような風洞が引き続き重要な役割を果たすだろうとNASAは述べている。
Scroll Right Scroll Left

 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)、Navistar、米エネルギー省は、NFACの80フィート×120フィート(約24m×37m)の風洞テスト区画でスモークテストを行っている。このプロジェクトの背景にある考え方は、高速走行時の燃料消費量を10%減少させる方法を見つけ、商用トラック業界で役立てることだった。さらにそれと関連して、消費者レベルのプロジェクトに広げ、燃料コストを削減し、二酸化炭素排出量を減らすことも目指している。

 NFACが継続的に利用されていることは、スーパーコンピュータと高性能なコンピュータモデリングの時代においても、現実に作用している空気力学的な力を理解するには風洞テストが依然として不可欠だという事実を浮き彫りにしている。コンピュータの利用は幅広いテスト条件のモデリングと導入を可能にするものの、複雑な状況において精度の高い結果を生み出す能力について考えると、今後の新しい飛行機やさまざまな航空宇宙機の開発とテストでは、NFACのような風洞が引き続き重要な役割を果たすだろうとNASAは述べている。

提供: NASA Ames/Dominic Hart

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]