logo

NASAの巨大風洞--これまでに行われたテストの数々を写真で振り返る - 7/9

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NFACの80フィート×120フィート(約24m×37m)の風洞の駆動ファン。1980年にNFACの能力を強化し、風発生タービンの能力を増強してからは、小さい方のテスト区画の最大風速は300ノット(時速345マイル(秒速約154m))に高められた。一方、「Boeing 737」のテストも可能なサイズである、大きい方のテスト区画は、最大風速100ノット(時速115マイル(秒速約51m))の能力がある。

 この風洞には、ラミネート加工した木製ブレードを15枚備えた、直径40フィート(約12m)のファンが6基設置されている。このファンは、最大出力時には毎分180回転し、1秒間に60トンの空気を動かす。その際使用する電力は104メガWで、NASAによれば、これは人口22万5000人の都市の電力使用量に相当するという。
Scroll Right Scroll Left

 NFACの80フィート×120フィート(約24m×37m)の風洞の駆動ファン。1980年にNFACの能力を強化し、風発生タービンの能力を増強してからは、小さい方のテスト区画の最大風速は300ノット(時速345マイル(秒速約154m))に高められた。一方、「Boeing 737」のテストも可能なサイズである、大きい方のテスト区画は、最大風速100ノット(時速115マイル(秒速約51m))の能力がある。

 この風洞には、ラミネート加工した木製ブレードを15枚備えた、直径40フィート(約12m)のファンが6基設置されている。このファンは、最大出力時には毎分180回転し、1秒間に60トンの空気を動かす。その際使用する電力は104メガWで、NASAによれば、これは人口22万5000人の都市の電力使用量に相当するという。

提供: NASA Ames/Tom Trower

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]