logo

NASAの巨大風洞--これまでに行われたテストの数々を写真で振り返る - 6/9

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 40フィート×80フィート(約12m×24m)のテスト区画に設置された、米海軍とDouglasによる航空機「XSB2D-1」をガイドベーンの中心点から見たところ。これは、1944年の空洞建設後に初めてテストを行った模型だ。

 ソビエト連邦崩壊までの丸40年間、NFACには当初は世界最大の、後には世界第1位と第2位の大きさの空洞があった。しかし、そうだと断言することは誰にもできなかった。1986年までは、ソ連の空力試験施設の状況について、米国側には正確な情報がなかったからだ。
Scroll Right Scroll Left

 40フィート×80フィート(約12m×24m)のテスト区画に設置された、米海軍とDouglasによる航空機「XSB2D-1」をガイドベーンの中心点から見たところ。これは、1944年の空洞建設後に初めてテストを行った模型だ。

 ソビエト連邦崩壊までの丸40年間、NFACには当初は世界最大の、後には世界第1位と第2位の大きさの空洞があった。しかし、そうだと断言することは誰にもできなかった。1986年までは、ソ連の空力試験施設の状況について、米国側には正確な情報がなかったからだ。

提供: NASA Ames

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]