米CNETが選ぶ2012年テック業界の出来事ワースト10 - 9/10

CNET News staff  (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年12月01日 07時30分
2位:Appleの「Maps」

 Appleは、とにかく機能する製品を作る。ただし例外もある。

 Appleは「iOS 6」で同社の地図ソフトウェアを完全に刷新し、「Google Maps」をその新ソフトウェアに置き換えた。なぜだろうか。AppleはGoogleが嫌いでたまらないからだ。それが理由である。しかし開発に何年もかかった複雑なサービスを置き換えることは、Appleにとってさえもそれほど容易ではなかった。Appleの新しい「Maps」は確かに素晴らしいものに見えた。多くのレビュアーは同ソフトウェアを大いに気に入った。

 しかし1つだけ問題があった。Mapsアプリケーションに多くの誤りが含まれていることに顧客たちは気付いた(そして開発者たちは何カ月も前から気付いていた)。また、3D表示や音声によるターンバイターンの道案内といった新機能はあるものの、AppleのMapsは、多くのユーザーが重要と考える公共交通機関のデータやGoogleの「Street View」のような機能を欠いていた。

 AppleのCEOであるTim Cook氏は感心なことに、同ソフトウェアが「不十分」だったことを認め、問題は修復されるだろうと言った。
Scroll Right Scroll Left

2位:Appleの「Maps」

 Appleは、とにかく機能する製品を作る。ただし例外もある。

 Appleは「iOS 6」で同社の地図ソフトウェアを完全に刷新し、「Google Maps」をその新ソフトウェアに置き換えた。なぜだろうか。AppleはGoogleが嫌いでたまらないからだ。それが理由である。しかし開発に何年もかかった複雑なサービスを置き換えることは、Appleにとってさえもそれほど容易ではなかった。Appleの新しい「Maps」は確かに素晴らしいものに見えた。多くのレビュアーは同ソフトウェアを大いに気に入った。

 しかし1つだけ問題があった。Mapsアプリケーションに多くの誤りが含まれていることに顧客たちは気付いた(そして開発者たちは何カ月も前から気付いていた)。また、3D表示や音声によるターンバイターンの道案内といった新機能はあるものの、AppleのMapsは、多くのユーザーが重要と考える公共交通機関のデータやGoogleの「Street View」のような機能を欠いていた。

 AppleのCEOであるTim Cook氏は感心なことに、同ソフトウェアが「不十分」だったことを認め、問題は修復されるだろうと言った。

提供: CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]