米CNETが選ぶ2012年テック業界の出来事ワースト10 - 3/10

CNET News staff  (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年12月01日 07時30分
8位:Mike Daisey氏の想像力

 Mike Daisey氏は2012年のテクノロジ業界にとって、複雑な意味を持つ人物となった。同氏は中国で増え続ける請負の製造工場の労働環境に人々の関心を差し向けた。その一方で同氏は話をでっち上げ、事実ではない悲痛な苦しみの物語を作り上げた。

 Daisey氏が生計を立てている演劇の分野であれば、過剰な演出でも許容されるかもしれない。しかし同氏の過ちは、そのような潤色された物語を「This American Life」という立派なラジオ番組で話してしまったことだ。

 そして次のような問題もある。Daisey氏の誇張は、同氏が人々に注目してもらおうとした問題に悪影響を及ぼし、真のジャーナリストは報道の信ぴょう性を読者に納得してもらうために、これまでの倍の努力をしなければならなくなった。
Scroll Right Scroll Left

8位:Mike Daisey氏の想像力

 Mike Daisey氏は2012年のテクノロジ業界にとって、複雑な意味を持つ人物となった。同氏は中国で増え続ける請負の製造工場の労働環境に人々の関心を差し向けた。その一方で同氏は話をでっち上げ、事実ではない悲痛な苦しみの物語を作り上げた。

 Daisey氏が生計を立てている演劇の分野であれば、過剰な演出でも許容されるかもしれない。しかし同氏の過ちは、そのような潤色された物語を「This American Life」という立派なラジオ番組で話してしまったことだ。

 そして次のような問題もある。Daisey氏の誇張は、同氏が人々に注目してもらおうとした問題に悪影響を及ぼし、真のジャーナリストは報道の信ぴょう性を読者に納得してもらうために、これまでの倍の努力をしなければならなくなった。

提供: Greg Sandoval/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]