logo

HPのPC統括幹部、「Surface」は手ごわい競合製品ではないと発言

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月16日 09時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は、Microsoftの「Surface」タブレットを特別高く評価してはいない。

 米国時間11月14日に報じられたIDG Enterpriseとのインタビューにおいて、HPのPC事業を統括するTodd Bradley氏は、同社としては「Surfaceを競合製品であるとはとても言えない」と述べ、Microsoftブランドの同タブレットにはかなり問題があると付け加えた。

 「1つは、販売地域が非常に限定されていることだ」とBradley氏は述べ、Surface最大の問題であると同氏が考える項目を列挙した。「速度が遅い傾向があり、見たところややその場しのぎの印象がある(中略)価格が高い。全体的に、報道はSurfaceを大げさに取り上げすぎており、世界の評価はそれよりも低い」(Bradley氏)

 Microsoftは2012年10月下旬にSurfaceを発売した。これまでのところ、Microsoftは同タブレットの売れ行きが「堅調」であると述べている。米CNETのシニアエディターであるEric Franklin記者は、同タブレットに対するレビュー記事で、Bradley氏の意見に一部同意しており、Surfaceの「パフォーマンスは遅い場合がある」と述べている。しかし、同記者はこの端末に「Very good」(とても良い)という評価を与えており、「同タブレットは強力で、うまく設計されているように感じられる」と述べている。

 「Windows」市場においてMicrosoftの主要なパートナーの1社である同社が、Surfaceについてこのような否定的なコメントをするのはやや異例のことである。HPは現時点で、消費者向けタブレットを市場に提供してはおらず、Bradley氏によると、少なくとも2013年まではそのような端末を提供する予定はないことを考えると、ますます異例である。

 ただしHPは、企業顧客向けに「ElitePad 900」というタブレットを提供している。10.1インチ画面を搭載し、「Windows 8」をサポート可能な同端末が、企業向け分野においてSurfaceと少なくとも一部競合するとBradley氏が考えている可能性はある。

 独自のタブレットを提供するMicrosoftに対して否定的な見解を示したベンダーはHPだけではない。2012年夏には、Acerの最高経営責任者(CEO)を務めるJT Wang氏が、Microsoftブランドのタブレットは、Windowsの「エコシステム」全体を乱すことになると述べた。

 Wang氏は当時、「考え直すようにわれわれは述べた。熟考してほしい」と述べた。「それはエコシステムに多大な悪影響を及ぼすことになる上、他のブランドが否定的な反応を示す可能性がある。Microsoftの得意分野ではないのだから、もう1度考え直してほしい」(Wang氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集