logo

こんな「iPhone 5」が欲しい--実現の可能性を勝手に採点 - 4/16

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年04月12日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3.4G LTE次世代モバイルブロードバンド

 新しいiPadがそうだったように、iPhone 5に次世代の4G LTEモバイルブロードバンドが採用されるのは、不可避とは言わないまでも、非常に可能性が高いことだ。3GやHSPA+の通信速度は4G LTEには遠く及ばない。テザリングができれば、モバイルデータ通信ユーザーはiPhone 5をラップトップに繋いで、猛烈な速度でウェブを閲覧できることになる。

 ただし、4Gを提供する通信会社の間には互換性がないため、Appleは新しいiPadの場合と同様に2種類のiPhone 5を提供する必要があることになる。国際利用を行う顧客にとっての問題は、Appleは世界中の他の国々ではなく、数の多い米国のユーザー向けに4G対応を行うということだ。例えば英国では、同じ4Gの帯域はデジタルテレビのために予約されている。これは、英国と欧州ではiPhone 5で4Gを使えないだろうということだ。いつも通りではあるが、残念なことだ。

 可能性:8/10

3.4G LTE次世代モバイルブロードバンド

 新しいiPadがそうだったように、iPhone 5に次世代の4G LTEモバイルブロードバンドが採用されるのは、不可避とは言わないまでも、非常に可能性が高いことだ。3GやHSPA+の通信速度は4G LTEには遠く及ばない。テザリングができれば、モバイルデータ通信ユーザーはiPhone 5をラップトップに繋いで、猛烈な速度でウェブを閲覧できることになる。

 ただし、4Gを提供する通信会社の間には互換性がないため、Appleは新しいiPadの場合と同様に2種類のiPhone 5を提供する必要があることになる。国際利用を行う顧客にとっての問題は、Appleは世界中の他の国々ではなく、数の多い米国のユーザー向けに4G対応を行うということだ。例えば英国では、同じ4Gの帯域はデジタルテレビのために予約されている。これは、英国と欧州ではiPhone 5で4Gを使えないだろうということだ。いつも通りではあるが、残念なことだ。

 可能性:8/10

提供:Apple

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]