アップル、サムスンを真の脅威と見なさず--米裁判所が詳細をうっかり公開

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月06日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleとサムスン電子の法廷闘争で、裁判所文書からまた新しい秘密が流出している。残念ながら、それらの秘密はどれもそれほど興味深いものではない。

 連邦地方裁判所のLucy Koh判事は、サムスン製品の販売差し止めを求めるAppleの要請を棄却する裁判所命令を出したとき、ある文書を公開して、両社に関する詳細をうっかり開示してしまった。Koh判事はその後、その文書を回収し、それらの詳細を修正した文書と取り換えた。Reutersは修正前の文書を入手することに成功している。

 Reutersによると、それらの秘密はどれも驚愕すべきものではないという。それらの文書によって、Appleはサムスンを真の脅威と見なしていないことが明らかになった。Appleが独自に行った調査で、既存顧客がサムスンのスマートフォンを手に入れるために「iPhone」を手放す可能性は低いことが分かった。それよりも、サムスンはほかの「Android」スマートフォンメーカーの一部から市場シェアを奪うだろう。

 その一方で、サムスンはAppleの供給がiPhoneの需要について行けないと主張した。両社は衝突しているにもかかわらず、サムスンはモバイルデバイス用のプロセッサなどのコンポーネントをAppleに供給している。しかし、Koh判事はサムスンの主張に懐疑的で、その理由として、Appleが長期的な需要に対応できることを示す証拠があることを挙げた。

 その文書は、The Vergeが記事の中で引用した文書と同じものだった。The Vergeはその記事で、訴訟が始まる前の2010年11月、Appleがサムスンにライセンシング契約を提案したことを報じた。その提案は、Appleが一時期、Androidパートナーとの協力に前向きだったことを示唆している。それは、AppleがAndroidの勢いを止めようとしているという一般的な認識と対照的だ。

 The Vergeはその文書を引用して、Appleが同社テクノロジのライセンスをNokiaとIBMに供与したことも報じた。

 さらにThe Vergeの報道によると、サムスンがAppleの意匠を侵害するのを避けられるように、Appleはデザインに関する代替案をいくつかサムスンに提示したという。携帯電話に関して、Appleは長方形以外の形状や角が丸い形状、デバイスの前面により多くの要素を追加することなどを提案した。タブレットに関しては、画面周辺のフレームを分厚くすることや、完全な平面ではない前面、より分厚いデザイン、そして携帯電話のときと同様に長方形以外のデザインを提案した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加