logo

「iPad 2」を詳細レビュー--新型iPadで何が変わったか - (page 6)

Donald Bell (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2011年04月28日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍端末としてのiPad 2

 Appleが初代iPadと当時は新しかった「iBooks」が電子書籍端末の決定版になると宣言した際、われわれは懐疑的だった。当時Appleは少数の出版社としか契約しておらず、iPadは「Kindle」よりも分厚かった。

 それから1年が経ち、当然ながらiPadは出版業界の注目を集めた。Appleは、iBooksのダウンロードが1億件を超えたと発表した。その一方で、Barnes & Noble、Amazon.com、Koboといった競合相手は、iPad用アプリケーションを提供し、その波に乗った。The New Yorker、Wired、Vanity Fairなどの主要雑誌は、iPad専用エディションを用意している。コミックや問題集、楽譜などの専門的な書籍も、iPadで提供されている。コンテンツに関しては、iPadはよくがんばっていると言えるだろう。

 ハードウェアに関しては、Kindle 3の重さが約0.53ポンド(約241g)なのに対して、iPadは依然として1.33ポンド(601g)と若干重たい。iPadのIPS LEDバックライトディスプレイは素晴らしいものだが、屋外での読みやすさに関しては、電子インクにはかなわない。また、「Kindle DX」のような製品は、充電せず最大4日間読み続けられると謳っているのに対し、iPadは10時間しかもたない。

 こういった批判はあるものの、iPadはすでに電子書籍端末として成功している。確かに、より安価な選択肢はあるが、iPadのような幅広い機能を持つものはない。それに加え、iPad 2の劇的に薄くなったデザインがあれば、Appleは2010年よりもずっといい形で戦えるようになるだろう。

iPad 2 iPad 2

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]