logo

「iPad 2」を詳細レビュー--新型iPadで何が変わったか - (page 5)

Donald Bell (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2011年04月28日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代から引き継いだ機能

 カメラやジャイロセンサーが追加されたのは素晴らしいが、初代iPadを無敵の存在にしていた機能にも目をやる必要がある。iPhoneやiPod touchを使ったことがある人なら、iPad 2にもすぐに馴染めるはずだ。iPhoneにもあった機能の多く、例えば、Apple製のウェブブラウザ、メール、マップ、写真、ビデオ、YouTubeなどは、使い始めた直後から理解できるだろう。iPadに入っているApp Storeを使うか、同梱のケーブルでiPadを手持ちのコンピュータの「iTunes」に繋げば、さらにアプリケーションをインストールすることができる。iPhoneやiPod touchですでに購入したアプリケーションがあれば、iPadに転送することも可能だ。

 iPad 2には、発売時点で「iOS 4.3」が搭載されているため、最新のiOSで提供されている多くの重要な新機能や改善点ははじめから享受できる。新しいアプリケーションには、「Photo Booth」(自分撮り専用アプリ)とビデオチャットの「FaceTime」がある。ウェブブラウザの「Safari」は、JavaScriptのレンダリングが改善され、高速化されている。アプリケーションには、ホームネットワーク越しに自分のコンピュータからメディアをストリーミングする、ホームシェアリングの機能が追加された。また、iPodの音量調整ボタンの上にあるボタンの機能を変えたいという人のために、iOS 4.3では、これをディスプレイ回転ロックに割り当てるか、システム警告音(FaceTimeの着信音など)のミュートに割り当てるかを切り替えられるようになっている。

 AppleがiPad 2で変更しなかった点が1つあるが、それはSafariが「Adobe Flash」をサポートしていないという問題だ。Appleは、このウェブ上で動画やグラフィックを表示するのによく使われているAdobeのツールを、断固として受け入れるつもりがないようだ。FlashのないiPadでは、ウェブのあちこちにアクセスできない場所や、スイスチーズのような穴だらけのコンテンツが生じる。しかし全体的に言えば、iPadでのウェブ閲覧は、タブレット端末の中では最高のものだと言える。応答性は高く、テキストの拡大と縮小はなめらかで、複数ページを同時に開いた場合の管理もしやすい。

 Bluetooth 2.1(A2DP、EDR)、802.11nのWi-Fi、3G接続、10時間のバッテリ寿命といった、iPadのデバイスとしての機能はすべて引き継いでおり、これらの多くは、他のタブレット端末を評価する際の基準にもなっている。

iPad 2 iPad 2

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]