「iPad 2」登場--アップル新タブレットと「ポストPC」時代 - (page 3)

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年03月04日 12時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPadは最初から大ヒットだった。AppleはiPadを2010年4月に米国で発売した。Jobs氏によれば、Appleは2010年末までに1500万台ものiPadを販売し、売り上げは95億ドルに達したという。2011年の第1四半期で、iPadはAppleに46億1000万ドルをもたらした。これは同社の売り上げの約17.2%を占める額だ。1年前には誰も必要としていなかった製品にしては悪くない。

 Ticonderoga SecuritiesのBrian White氏は今週、リサーチノートの中で、Appleは2011年会計年度にiPadを2736万台販売し、169億2000万ドルを売り上げるだろうと書いている。White氏は、iPadはAppleにとって非常に重要な製品になっており、2011年に見込まれている、Appleの368億ドルの収入増の3分の1をiPadの売り上げ分が占めるとしている。

 iPad人気はまだ非常に高いが、その最新版は多少競争に直面するだろう。2010年と違って、2011年に登場する競合製品の数は、1つや2つではなく、数百という単位になるからだ。

 最も激しくなる可能性があるのが、携帯電話やコンピュータの大手メーカーとの競争だ。Motorolaは、Googleの「Android」OSの最新バージョンを採用したタブレット「XOOM」をリリースしたばかりだ。サムスンには「GALAXY Tab」シリーズがあり、これもAndroidベースだ。Hewlett-Packard(HP)は、「webOS」ベースの「TouchPad」の発売を2011年夏に予定している。Microsoftも、「Windows」をタブレットのフォームファクタに取り込んだ新しいOSによって、タブレット市場に参入しようとしている。「BlackBerry」のメーカーであるResearch In Motion(RIM)も、「BlackBerry PlayBook」と呼ばれるタブレットを導入する予定だ。

壇上で「iPad 2」を紹介するAppleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏 壇上で「iPad 2」を紹介するAppleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏
提供:James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]