「iPad 2」登場--アップル新タブレットと「ポストPC」時代 - (page 4)

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年03月04日 12時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こうした新たな競争はあるものの、米CNETのDonald Bell記者などの専門家は、たとえiPad 2には初代iPadほど多彩な新機能がなくても、Appleはまだ競合企業よりも大きく有利な立場にあると考えている。Bell記者は最近、National Public Radio(NPR)の「All Things Considered」のインタビューで、Appleは、消費者の関心をつなぎとめるために、iPad 2の機能などを大きく変える必要はないと述べている。

 このインタビューでBell記者は「Appleは非常に特別なことをなし遂げた」と述べた。「それほど必要としていない製品を買うよう、消費者を説得した。必需品ともいえるスマートフォンや、ノートブックやデスクトップを少しばかり脇によけて、新しい市場を作り出している」(Bell記者)

 Appleは、既にタブレット市場で競合企業を大きくリードしているだけでなく、タブレット向けアプリケーションの面でも差を付けている。Jobs氏は3月2日、今やAppleにはiPad向けのアプリケーションが6万5000以上あると語った。一方Googleは、タブレット向けに設計されたOS「Android 3.0」を発表したばかりだ。現時点では、Googleのマーケットプレイスにあるタブレット専用アプリケーションは、Appleよりもはるかに少ない。Jobs氏は、Googleタブレット用のアプリケーションは現在わずか100程度と見積もっている。

 しかし、Googleはスマートフォン市場では手ごわい競争相手であることが分かっている。Android OSは、市場に出てからわずか数年だが、米国で現在出荷されているスマートフォンの約50%に搭載されている。そして、このプラットフォームは世界でもシェアを広げつつある。Androidを使った製品をリリースするメーカーが増えれば、このプラットフォームはタブレット市場で人気を集める可能性がある。

 サンフランシスコにおけるAppleの発表の実況中継のアーカイブは、CNETによる同イベントのライブブログを参照してほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]