フォトレポート:分解、Verizon版「iPhone 4」--AT&T版との内部の違い - 10/79

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月24日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Verizon版には、五角形の「Pentalobe」ねじが2本使用されている。Appleは2009年に「MacBook Pro」で、2010年に「MacBook Air」で同様のねじを使い始めた。また、2011年1月にiFixitの友人が報じたところによると、Appleはすべての新しいiPhone 4にこのねじを使用しており、ユーザーが修理のためにiPhoneをApple Storeに持ち込んだ場合には、元々使われていた#00のプラスねじをPentalobeねじと交換することまでしているという。

 Verizon版には、五角形の「Pentalobe」ねじが2本使用されている。Appleは2009年に「MacBook Pro」で、2010年に「MacBook Air」で同様のねじを使い始めた。また、2011年1月にiFixitの友人が報じたところによると、Appleはすべての新しいiPhone 4にこのねじを使用しており、ユーザーが修理のためにiPhoneをApple Storeに持ち込んだ場合には、元々使われていた#00のプラスねじをPentalobeねじと交換することまでしているという。

提供:Bill Detwiler

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]