logo

IT企業のリーダー交代の歴史--各社を悩ます「後継者選び」

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 George Seifert(San Francisco 49ersの元ヘッドコーチ)の時も、Sammy Hagar(ロックバンドVan Halenの2代目ボーカル)の時もそうだった。伝説的なリーダーからの交代は、後継者が十分に育成された人物であっても非常に難しいものだ。

 テクノロジ業界と、San Francisco 49ersやVan Halenの共通点は多くはない。49ersもVan Halenも、そのチームやバンドを有名にした強力なリーダー(Bill WalshとDavid Lee Roth)が去って、やむなく新たなリーダーを迎え入れた。しかし、テクノロジ業界は比較的若く、伝説的な創設者をどうやって交代させるかという微妙な問題に直面させられた経験はまだあまり多くない。

 この話題が再び浮上してきたのは、明らかに、Appleの最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏が7年間で3回目となる医療休暇を取るというニュースのためだ。Jobs氏は過去にすい臓がんの手術と肝臓移植を乗り越えている。Appleにはこの問題を考える時間が十分あった。Jobs氏が復帰して再び指揮を執るかもしれないが、同社は後継者計画を立てていると述べている。

 しかし、ほかのテクノロジ企業がそうした指導者の交代をどう行ってきたのかを振り返るのは無駄ではないように思える。歴史からはいくつか教訓を得られるからだ。

 

Intelの元CEOのAndy Grove氏は、数十年にわたってIntelでの秩序ある権力委譲の中にいた。 Intelの元CEOのAndy Grove氏は、数十年にわたってIntelでの秩序ある権力委譲の中にいた。

Intel

 Intelはシリコンバレーで最も古い企業の1社で、米国のビジネス界における3人の偉大な人物が順番にトップを務める中、難しい権力委譲を何年もかけて冷静にこなしてきた。共同創設者のRobert Noyce氏とGordon Moore氏は、Noyce氏をIntelの初代CEOとしたが、Noyce氏は1975年にMoore氏と交代している。Moore氏は1987年に会社の指揮権をAndy Grove氏に正式に引き継ぎ、PCが台頭する中、Grove氏はIntelをテクノロジ業界の有力企業へと育て上げた。

-PR-企画特集