フォトレポート:2000年代に失敗した電子機器--米CNETが選ぶ30製品 - 21/36

文:David Carnoy(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月28日 07時30分
18. 「UMD」(2004年〜?)

 UMDは、CDやDVDを小型化したような外観の1.8Gバイト光ディスクだった。当初はクールに思えたが、すぐに障害にぶつかった。何よりもまず、ゲーム用としては読み込み速度が遅く(任天堂のカートリッジシステムと比較すると、その差は顕著だ)、UMD映画は高価すぎた(8〜10ドルくらいにすべきだった)。ソニーはUMDに固執しており、今後もしばらくそうし続けるだろうが、今度の「PSP go」はUMDを採用していない。おそらくこのことは、すぐにではないにせよ、今後数年をかけてUMDが徐々に姿を消していくことを意味しているのだろう。

18. 「UMD」(2004年〜?)

 UMDは、CDやDVDを小型化したような外観の1.8Gバイト光ディスクだった。当初はクールに思えたが、すぐに障害にぶつかった。何よりもまず、ゲーム用としては読み込み速度が遅く(任天堂のカートリッジシステムと比較すると、その差は顕著だ)、UMD映画は高価すぎた(8〜10ドルくらいにすべきだった)。ソニーはUMDに固執しており、今後もしばらくそうし続けるだろうが、今度の「PSP go」はUMDを採用していない。おそらくこのことは、すぐにではないにせよ、今後数年をかけてUMDが徐々に姿を消していくことを意味しているのだろう。

提供:CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]