フォトレポート:2000年代に失敗した電子機器--米CNETが選ぶ30製品 - 2/36

文:David Carnoy(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月28日 07時30分
2. スタンドアロンのDVDレコーダー(1999年〜?)

 多くの人が、スタンドアロンのDVDレコーダーはビデオカセットレコーダー(VCR)の再来だと考えていたが、実際にはそうならなかった。DVDレコーダーはそれほどユーザーフレンドリーではなかった上に、ケーブルテレビや衛星テレビの会社が提供するデジタルビデオレコーダー(DVR)(そして「TiVo」)によって、その魅力が薄れてしまった。また、実際にDVDを焼く作業は、リビングルームではなくコンピュータルームで行われていた。それは今日でも変わっておらず、米国ではスタンドアロンDVDレコーダーの市場が干上がってしまった。

2. スタンドアロンのDVDレコーダー(1999年〜?)

 多くの人が、スタンドアロンのDVDレコーダーはビデオカセットレコーダー(VCR)の再来だと考えていたが、実際にはそうならなかった。DVDレコーダーはそれほどユーザーフレンドリーではなかった上に、ケーブルテレビや衛星テレビの会社が提供するデジタルビデオレコーダー(DVR)(そして「TiVo」)によって、その魅力が薄れてしまった。また、実際にDVDを焼く作業は、リビングルームではなくコンピュータルームで行われていた。それは今日でも変わっておらず、米国ではスタンドアロンDVDレコーダーの市場が干上がってしまった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]