logo

こんなものもありました--iモード10周年、黎明期の名機を振り返る - 11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 503iシリーズの登場によって、ケータイはまた1つ大きな進化を果たしたことになる。この503iシリーズから「iアプリ」が使えるようになった。キャッチとしては、「ゲームがダウンロードできるようになりました」というわけだが、言い換えればプログラムをダウンロードし、端末上で実行できるようになったということ。つまり、それまでは「情報通信機器」だったiモード端末が、503iからは「持ち歩けるコンピュータ」に進化を果たしたということになる。

 実際、iアプリのスタート時、プログラマーたちの間で大いなる盛り上がりを見せた。自分たちがプログラミングしたソースをケータイ端末上で実行できる――これが何より楽しく感じたのである。

 503iシリーズは、F503iとP503iの2モデルが同日発売となった。すぐにアマチュアプログラマーたちの間で「プログラム実行環境としてのケータイ」が評価されたが、プログラムの実行速度やプログラム保存件数などで圧倒的にF503iが優位となり、その後「iアプリといえばF」という勲章を得ることとなった。
Scroll Right Scroll Left

 503iシリーズの登場によって、ケータイはまた1つ大きな進化を果たしたことになる。この503iシリーズから「iアプリ」が使えるようになった。キャッチとしては、「ゲームがダウンロードできるようになりました」というわけだが、言い換えればプログラムをダウンロードし、端末上で実行できるようになったということ。つまり、それまでは「情報通信機器」だったiモード端末が、503iからは「持ち歩けるコンピュータ」に進化を果たしたということになる。

 実際、iアプリのスタート時、プログラマーたちの間で大いなる盛り上がりを見せた。自分たちがプログラミングしたソースをケータイ端末上で実行できる――これが何より楽しく感じたのである。

 503iシリーズは、F503iとP503iの2モデルが同日発売となった。すぐにアマチュアプログラマーたちの間で「プログラム実行環境としてのケータイ」が評価されたが、プログラムの実行速度やプログラム保存件数などで圧倒的にF503iが優位となり、その後「iアプリといえばF」という勲章を得ることとなった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]