logo

こんなものもありました--iモード10周年、黎明期の名機を振り返る - 8/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 iモード端末の中で、じつはかなり気に入っていたのがこのNM502iである。ついに撤退してしまったノキアだが、当時はこんなに洒落た端末を日本市場向けオリジナルで製造してくれていた。

 映画「マトリックス」で話題になったスライドカバー形状だが、当時はノキアが世界市場でこのようなスライドカバー端末を多数発売していた。そのバリエーションは世界で多数あるのだが、日本向けのこの端末は完全なオリジナルであった。そもそもよくiモードという独特な仕様に沿ったものを世界のノキアが作り上げたものだと感心してしまう。評論家の山田五郎氏も、この端末を長く愛用されていた。山田氏に限らず、「他に買い換えたいと思う端末が出てこない」という理由で、NM502iを長年使っていた友人たちは他にもたくさんいた。本当に、美しい端末だった。
Scroll Right Scroll Left

 iモード端末の中で、じつはかなり気に入っていたのがこのNM502iである。ついに撤退してしまったノキアだが、当時はこんなに洒落た端末を日本市場向けオリジナルで製造してくれていた。

 映画「マトリックス」で話題になったスライドカバー形状だが、当時はノキアが世界市場でこのようなスライドカバー端末を多数発売していた。そのバリエーションは世界で多数あるのだが、日本向けのこの端末は完全なオリジナルであった。そもそもよくiモードという独特な仕様に沿ったものを世界のノキアが作り上げたものだと感心してしまう。評論家の山田五郎氏も、この端末を長く愛用されていた。山田氏に限らず、「他に買い換えたいと思う端末が出てこない」という理由で、NM502iを長年使っていた友人たちは他にもたくさんいた。本当に、美しい端末だった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]