logo

フォトレポート:国際宇宙ステーションの変遷--基本機能モジュール「Zarya」から始まった10年 - 8/21

文:Jonathan Skillings(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月08日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Canadarm2ロボットアームに接近しようとしているカナダ宇宙庁のミッションスペシャリストChris Hadfield氏。この写真はCanadarm2が取り付けられた日に撮影されたものだ。同氏が立っている(また固定されている)のは、スペースシャトルに取り付けられたロボットアーム(NASAの用語では「リモートマニピュレータシステム」)のフットレストレイント(足部固定具)である。

 Canadarm2ロボットアームに接近しようとしているカナダ宇宙庁のミッションスペシャリストChris Hadfield氏。この写真はCanadarm2が取り付けられた日に撮影されたものだ。同氏が立っている(また固定されている)のは、スペースシャトルに取り付けられたロボットアーム(NASAの用語では「リモートマニピュレータシステム」)のフットレストレイント(足部固定具)である。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]