logo

フォトレポート:国際宇宙ステーションの変遷--基本機能モジュール「Zarya」から始まった10年 - 14/21

文:Jonathan Skillings(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月08日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 宇宙の無重力環境に長期滞在する宇宙飛行士は、骨量の減少と筋萎縮を起こすことがある。そのような症状を防止するため、この写真のフライトエンジニアSunita Williams氏のように宇宙飛行士たちは、制振装置付きトレッドミルで運動をする。2007年4月の滞在時、Williams氏はトレッドミルを同年のボストンマラソンと同じペースに設定して使用した。

 宇宙の無重力環境に長期滞在する宇宙飛行士は、骨量の減少と筋萎縮を起こすことがある。そのような症状を防止するため、この写真のフライトエンジニアSunita Williams氏のように宇宙飛行士たちは、制振装置付きトレッドミルで運動をする。2007年4月の滞在時、Williams氏はトレッドミルを同年のボストンマラソンと同じペースに設定して使用した。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]