フォトレポート:国際宇宙ステーションの変遷--基本機能モジュール「Zarya」から始まった10年

文:Jonathan Skillings(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 かつての宇宙時代とは、最初の地球周回軌道に乗った人工衛星や最初の有人宇宙飛行、最初の月面着陸など、本質的には米国と旧ソ連との激しい競争下における「短距離競走」の繰り返しだった。しかし10年以上前から、宇宙開発をめぐる競争は、冷戦で敵対していた当事国同士の協力へと移り変わり、他の国々の参加もあって、今では国際宇宙ステーション(ISS)の建設、保守、長期滞在、運用という「耐久種目」へと変わってきた。

 ISSの最初のユニットである、ロシアの基本機能モジュールFGB(「Zarya」とも呼ばれる)が打ち上げられたのは1998年11月20日のことだった。飛行するカブト虫のようなこのZaryaの写真は、その2週間後に2番目のユニットであるUnityモジュールを運んできたスペースシャトルEndeavourから撮影したものである。

 かつての宇宙時代とは、最初の地球周回軌道に乗った人工衛星や最初の有人宇宙飛行、最初の月面着陸など、本質的には米国と旧ソ連との激しい競争下における「短距離競走」の繰り返しだった。しかし10年以上前から、宇宙開発をめぐる競争は、冷戦で敵対していた当事国同士の協力へと移り変わり、他の国々の参加もあって、今では国際宇宙ステーション(ISS)の建設、保守、長期滞在、運用という「耐久種目」へと変わってきた。

 ISSの最初のユニットである、ロシアの基本機能モジュールFGB(「Zarya」とも呼ばれる)が打ち上げられたのは1998年11月20日のことだった。飛行するカブト虫のようなこのZaryaの写真は、その2週間後に2番目のユニットであるUnityモジュールを運んできたスペースシャトルEndeavourから撮影したものである。

提供:NASA

 かつての宇宙時代とは、最初の地球周回軌道に乗った人工衛星や最初の有人宇宙飛行、最初の月面着陸など、本質的には米国と旧ソ連との激しい競争下における「短距離競走」の繰り返しだった。しかし10年以上前から、宇宙開発をめぐる競争は、冷戦で敵対していた当事国同士の協力へと移り変わり、他の国々の参加もあって、今では国際宇宙ステーション(ISS)の建設、保守、長期滞在、運用という「耐久種目」へと変わってきた。  ISSの最初のユニットである、ロシアの基本機能モジュールFGB(「Zarya」とも呼ばれる)が打ち上げられたのは1998年11月20日のことだった。飛行するカブト虫のようなこのZaryaの写真は、その2週間後に2番目のユニットであるUnityモジュールを運んできたスペースシャトルEndeavourから撮影したものである。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加