logo

「Google Reader」のサービス終了をどう考える?

2013年3月14日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは3月13日、RSSリーダー「Google Reader」の提供を7月1日に終了すると発表しました。ここ数年で同サービスの利用者が減少していること、また今後は他の製品へ注力していくことを、その理由として挙げています。


 近年ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが急成長していることも要因の1つとして考えられますが、RSSリーダーの最大手ともいえるGoogle Readerのサービス終了をパネリストの皆さんはどのように考えますか。


 またGoogle Readerの提供終了を知り、既存ユーザーの多くが代替サービスへの移行に悩んでいます。Google Readerに代わるお勧めのサービスがあれば教えて下さい。他のRSSリーダーでもウェブサービスでも結構です。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    例えば、RSSを出していないサイトも無理やりスクレイピングして情報を取ってくるとか、情報収集のための一皮むけた能力があれば、人気が続いたのではないでしょうか。

    TwitterやFacebookから自動で滝のようにリンクが流れてくる今となっては、よっぽどエッジな情報を自分から収集したいという人以外には、あまり必要ないんじゃないかな。

    自分は、Google Readerを空き時間にぱっと情報を収集するために使っていました。この用途では今はFlipboardがおすすめです。
    2013-03-15 20:23:20
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集