SIMロック解除--実現で何が変わる?

2010年3月29日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省が携帯電話のSIMロック解除を検討しています。4月2日には携帯電話事業者や端末メーカー、消費者団体らを招き、公開ヒアリングを開催する予定です。

 日本では携帯電話の端末を特定の通信会社でしか使えないように制限(SIMロック)されています。一方、海外ではSIMカードを差し替えるだけで通信会社を問わず携帯電話の端末が使えるのが一般的で、日本国内でも市場競争活性化などの観点から解除を望む声が高まっています。

 2010年末から発売される次世代携帯電話の端末を対象とし、法制化による義務付けも検討するという報道もあります。SIMロック解除が実現するとキャリア、メーカー、消費者、そして携帯電話業界にどのような変化が起きるのでしょうか。


  • 遅きに失した感がある。海外と日本を往復する人には便利だろうが、国内で考えると、すでに落ちるところまで落ちた国内の携帯メーカーの競争力がそれで回復するとは思えない。もっと早く導入していれば、携帯の状況は違ったものになっていたと思う。 日本のメーカーは、iPhoneのような価格プレミアムがでるようなブランド力もなく、またハードしか持たないの...
  • SIMロックの解除によって通信キャリアは苦しい立場に追い込まれることになります。価格競争の泥仕合になることは間違いありませんし、一方では通信品質の向上の為には膨大な設備費が必要になります。LTE等の次世代通信のインフラ構築にも膨大な資金が必要です、もちろん通信キャリアを保護し甘やかせろと言うつもりはありませんが、地味ではあるものの通信イン...
  • 安くて多彩なケータイが提供され、通信料は下がり、コンテンツサービスはAmazon,Google,Appleが全てを提供することになると思います。 端末としての携帯電話はPCと同じようなコモディティになり、通信キャリアは消耗し、日本のメーカーやコンテンツプロバイダは絶滅するでしょう。
  • 僕は日本でのケータイ普及が進み始めた90年代を東南アジアで過ごしたが、GSM+SIMカードは当たり前の世界だった。複数のケータイを気分によって(一つのSIMカードで)使い分けたり、充電が切れたときには友人のケータイを借りて緊急の電話をしたりしていた。こうした自由を近年忘れていたが、SIMロックフリーはケータイメーカーをキャリアの縛りから自...
  • SIMロック解除が実現すると、端末はもちろん重要ですが、それよりも「通話エリアの広さ」が最も重要となってくるのでは?もちろん価格も。 更に中古ケータイ市場が更に活気づくかと思われます。ニーズの高まる市場では「売りたい人」を集めれば確実に収益が上がるので、白ロム買取業者さんなどには追い風かもしれません。 個人的にはSMSを他キャ...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加