SIMロック解除--実現で何が変わる?

2010年3月29日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省が携帯電話のSIMロック解除を検討しています。4月2日には携帯電話事業者や端末メーカー、消費者団体らを招き、公開ヒアリングを開催する予定です。

 日本では携帯電話の端末を特定の通信会社でしか使えないように制限(SIMロック)されています。一方、海外ではSIMカードを差し替えるだけで通信会社を問わず携帯電話の端末が使えるのが一般的で、日本国内でも市場競争活性化などの観点から解除を望む声が高まっています。

 2010年末から発売される次世代携帯電話の端末を対象とし、法制化による義務付けも検討するという報道もあります。SIMロック解除が実現するとキャリア、メーカー、消費者、そして携帯電話業界にどのような変化が起きるのでしょうか。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    遅きに失した感がある。海外と日本を往復する人には便利だろうが、国内で考えると、すでに落ちるところまで落ちた国内の携帯メーカーの競争力がそれで回復するとは思えない。もっと早く導入していれば、携帯の状況は違ったものになっていたと思う。
    日本のメーカーは、iPhoneのような価格プレミアムがでるようなブランド力もなく、またハードしか持たないので、利益はでない、マーケティングのコストはかかるという状況となり厳しそうだ。今以上に、資金力のある海外メーカー、特に韓国メーカーの攻勢が始まるのではないか。

    競争の焦点はスマートフォンに移っていくと思うけれど、こちらは、回線の速度が勝負になってくるので、開発や設備投資の資金力競争になりそうだ。
    理屈で考えれば、NTTドコモが有利になってくるのだろうが、マーケティング力ではソフトバンクに分があると思う。auがどう対抗するのかは見えない。
    2010-04-02 23:47:51
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加