新iPhoneとAndroidでビジネスチャンスは広がる?

2009年6月18日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneの新機種「iPhone 3G S」と、国内初のAndroid端末「HTC-03A」がまもなく発売されます。どちらもグローバルなアプリケーション流通経路を持ち、オープンなウェブへアクセス可能なスマートフォンです。とくにiPhoneの新たなOSでは課金の仕組みも進化しています。これら2機種によって、モバイルプラットフォームにおけるビジネスの可能性はどの程度広がりをみせるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 新型端末の売れ行き好調と伝えられるiPhone, 国内外で端末が続々と売り出される Android、供に日本でのシェアを広げるでしょう。 ただ、どちらもInternet端末としての色彩が強く、Internet の利用を念頭に置いたユーザーによる押し上げがシェア向上のドライバとなると思います。日本ではおさいふケータイ、高解像度カメラ、...
  • まず、国内の端末シェア10%を、iPhoneとAndroid端末、そしてBlackberryが占めるのは時間の問題だろう。つまり、アクティブな回線数で1000万台。僕の予想では3年以内だとみている。 Webをメディアとしてみる事業モデルから、徐々にリアルの事業のバックエンドとしての、文字通りのプラットフォームサービスモデルに変わって...
  • 広がる。ケータイコンテンツをキャベツに例えると分かりやすい。そうすると、ウチはキャベツ農家だ。ドコモはイオンだ。KDDIはサティだ。ソフトバンクはイトーヨーカドーだ。ウィルコムはライフくらいかもしれない。iPhoneストアは世界のウォールマートだ。 ウチは今までイオンやサティにキャベツをおろしていたが、ウォールマートにも卸してみよう...
  • Android端末の市場参入で、昨年iPhoneにより立ち上がったスマートフォンアプリケーションのマーケットが底上げされ、さらに拡がることは間違いないと考えます。 しかしながら、1つのアプリケーションをAndroidとiPhone(クロスプラットフォーム)で動作させるためのアプリケーション開発コスト(時間とエンジニアリングリソース)...
  • チャンスは広がるが掴むのは非常に難しい。 Google Waveで幕を開ける新しい時代のコミュニケーション。デジタルネイティブとオールドインターネット世代をターゲットにした既成概念を崩す2つの違ったサービスが登場するでしょう。既存のサービスの延長で儲けられると考えていると火傷しますよ!でも、ワクワクしますね♪
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加