logo

新iPhoneとAndroidでビジネスチャンスは広がる?

2009年6月18日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneの新機種「iPhone 3G S」と、国内初のAndroid端末「HTC-03A」がまもなく発売されます。どちらもグローバルなアプリケーション流通経路を持ち、オープンなウェブへアクセス可能なスマートフォンです。とくにiPhoneの新たなOSでは課金の仕組みも進化しています。これら2機種によって、モバイルプラットフォームにおけるビジネスの可能性はどの程度広がりをみせるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    まず、国内の端末シェア10%を、iPhoneとAndroid端末、そしてBlackberryが占めるのは時間の問題だろう。つまり、アクティブな回線数で1000万台。僕の予想では3年以内だとみている。

    Webをメディアとしてみる事業モデルから、徐々にリアルの事業のバックエンドとしての、文字通りのプラットフォームサービスモデルに変わってくると思うが、iPhoneなどの新世代スマートフォンは、そのパラダイムシフトを加速させることになるだろう。
    つまり、広告よりセールスプロモーションによる収益モデルのほうが大きくなると考える。モバイルのネットビジネスは余暇を遊ぶようなコンテンツ事業や広告事業ではなく、リアルの販促支援モデルとして花開くのではないだろうか。
    2009-06-20 20:49:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集