logo

広告業界再編の行方は?

2009年1月31日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通がメディアレップ事業を展開するサイバー・コミュニケーションズ(cci)を完全子会社化することを発表しました。デジタル事業領域を軸に成長したい電通と、トータルな広告サービス会社を目指すcciの狙いが合致した形です。

 2008年にも電通はネット広告会社オプトの株式を公開買付けし、cciを合わせた3社間でインターネット広告の営業体制を築いてきました。またGMOインターネットも2008年5月にネット広告会社のNIKKOを子会社化しています。

 今後、広告会社の業界再編はどのように進むのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 広告業界の再編? 今起こってることは、再編じゃなくって、traditinal agencies による垂直統合。 つまり大手広告代理店が“足りなかった”部分を付け足している、という状況。 この結果、電通系と博報堂系に二極化してしまうのであれば、業界として縮小均衡状態に入るんじゃないか、というリスクもあると思います。 ...
  • ネット広告がようやくメインストリームに影響を与える時がやってきたことを実感しています。 昨年9月のリーマンショック以降、広告主の意識変化は、株価と共にメディア業界以上にシビアです。社員の給与をさげてまで、広告を出す価値があるのかと内部的にも問われる年です。 今年は広告業界にとっても、広告主、そしてユーザーにとっても試金石となる...
  • 再編、組み換え、短期的にはシュリンク、長期的に成長できるかは産業構造次第、系列取引かオープン水平取引かはまだ見切れないといった段階でしょうか。数年前から、業界内で「どっちに(どこに)付くんだ」という会話がちらちらと聞こえて来てました。 今朝、米国で出てきた、支局を持たない低コストニュースメディアについて議論をしていたのですが、 ...
  • 広告単価の変化に伴う媒体の再編が起きると思います。代理店はそれに対応する(あるいは働きかける)形で、基本的に寄せていく方向に動くでしょう。
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集