広告業界再編の行方は?

2009年1月31日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通がメディアレップ事業を展開するサイバー・コミュニケーションズ(cci)を完全子会社化することを発表しました。デジタル事業領域を軸に成長したい電通と、トータルな広告サービス会社を目指すcciの狙いが合致した形です。

 2008年にも電通はネット広告会社オプトの株式を公開買付けし、cciを合わせた3社間でインターネット広告の営業体制を築いてきました。またGMOインターネットも2008年5月にネット広告会社のNIKKOを子会社化しています。

 今後、広告会社の業界再編はどのように進むのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 高広伯彦(タカヒロノリヒコ)
    高広伯彦(タカヒロノリヒコ)さん (スケダチ|高広伯彦事務所:新しい広告とマーケティングとメディアを企画したりする仕事)
    広告業界の再編?

    今起こってることは、再編じゃなくって、traditinal agencies による垂直統合。

    つまり大手広告代理店が“足りなかった”部分を付け足している、という状況。

    この結果、電通系と博報堂系に二極化してしまうのであれば、業界として縮小均衡状態に入るんじゃないか、というリスクもあると思います。

    そもそも、例えば、電通子会社になった cci に他代理店がビジネス取引をしたいかどうかということを考えれば、ネットの自由経済=広告の解放/自由化に逆行する動きになるかもしれない。

    一方で、こうした統合の流れは、企業の“肥大化”にもつながるのでカロリー消費が悪くなって、しかも、接種できるカロリー(広告費)が少なくなれば、体力つけたはずが倒れていく、、、ということになりやしないか、心配。

    広告業界は、小さい組織が多数集まるような構成へと向かうべきであって、でかくなって体力つけてメディア購買力をあげるモデルというのはすでに過去のもの、だと思うんだけれども。
    2009-02-09 18:32:36
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加