logo

ITベンチャーの生きる道とは?

2008年11月18日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリー、paperboy&co.のITベンチャー2社が相次いで上場承認を得ました。2008年1月から10月の間に新興市場に上場した企業の公開時の時価総額が上場直前に比べて約1.11倍にとどまるという低調傾向の一方で、情報通信業に限っては1.80倍と全体の数値に比べて高い数字を示しているというデータもあります。

 世界的な金融の悪環境の中、ITベンチャーはどのような戦略を描くべきなのでしょうか。またパネリストの皆さんなら、今回の2社に投資を考えますか。ご意見をお聞かせください。


  • この世界的同時金融恐慌により、日本においてもプライベート・エクイティーに対してのベンチャーキャピタルによる投資環境が明らかに冷え込んでいることは、IT業界の方々との情報交換からまざまざと肌で感じています。ITバブルがはじけて投資環境が冷え込んだ2001年から2003年ごろまでの投資環境に近いかも知れません。そうなると、ここ1年から2年はサ...
  • もういい加減マネーゲームは止めましょう!上場したかなんて、正直どうでもいい。マスコミもどこが上場したということで騒ぐのではなく、大企業意はない面白いアイデアと高い志をもったベンチャーを応援するようになって欲しい。私自身も、より面白いベンチャーの登場を心待ちにしているし、是非、そういう人たちと一緒にビジネスをやっていきたいと思っています。戦...
  • IPOしか出口がないのって、やっぱりおかしいと思います。 シリコンバレーマンセーな人間では全然ありませんが、バイアウトの環境があれだけ進んでいるというのは、産業育成という面での彼の地の成熟を感じざるを得ません。 というわけで、ITベンチャーがどう戦略を描くべきかももちろん大事なんですが、彼らがもう少し自由度の高い戦略を描けるよ...
  • まずはGREE、ペパボの上場承認おめでとうございます♪ 12月は3月以来の二桁上場に届きそうな勢いですね。 (リンク ») そもそも08年は大恐慌云々以前に4月から7月は1社ずつしか上場承認がなかったんですよ。 この時勢下ではありますが、新しい上場企業が生まれてこそ、次のベンチャーを目指す活気が次代の若者から湧いてくると思う加藤としては...
  • 田中さん(GREE)、家入さん(Paperboy)、上場おめでとうございます。これだけの不況の中、上場にこぎ着けた力量とガッツに敬意を表します。上場を目指すかどうかは別にして、逆風の中で耐える、いや、それでも成長を図るベンチャー企業の経営者には大きな励みになる。 僕は評論家ではなく、実践と実戦の中にいる。だからITベンチャーはどうい...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集