ITベンチャーの生きる道とは?

2008年11月18日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリー、paperboy&co.のITベンチャー2社が相次いで上場承認を得ました。2008年1月から10月の間に新興市場に上場した企業の公開時の時価総額が上場直前に比べて約1.11倍にとどまるという低調傾向の一方で、情報通信業に限っては1.80倍と全体の数値に比べて高い数字を示しているというデータもあります。

 世界的な金融の悪環境の中、ITベンチャーはどのような戦略を描くべきなのでしょうか。またパネリストの皆さんなら、今回の2社に投資を考えますか。ご意見をお聞かせください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    2008年のITベンチャー戦略は「上場時に売り出して創業者利益確定」ですね。

    ちなみに2005-2006年くらいのトレンドは「IPO人気で暴騰したところで、冷やし玉名目で売却」だったようです。
    2008-11-18 22:29:49
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加