logo

日本の広告費、今後伸びるのは?

2008年3月3日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2007年の日本の総広告費と媒体別・業種別広告費を推定した「2007年(平成19年)日本の広告費」を発表しました。新聞、テレビ、ラジオ、雑誌のマスコミ4媒体は3年連続して前年を下回る一方で、4年連続増加となったインターネット広告費がついに雑誌広告費を抜き去りました。

 資料によれば、2007年の国内広告費7兆191億円のうち、テレビ広告費は1兆9,981億円(前年比0.9%減)、新聞広告費は9,462億円(同5.2%減)、雑誌広告費は4,585億円(同4%減)、ラジオ広告費は1,671億円(同4.2%減)でした。インターネット広告費は前年比24.4%増で6,003億円。特に拡大傾向にあるのは、クロスメディア手法の定着したSEM市場(前年比37.8%増)や、ナショナルクライアントにも活用され始めたモバイル広告(同59.2%増)です。

 インターネット広告はこのまま成長を続けるのでしょうか。また今後注目されるであろう広告とはどのようなものでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松村太郎
    松村太郎さん (ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ)
     「こちらをお読みになると、プレミアムローストコーヒーが無料になります」

     この接客を受けて、なんだか「こういう事だな」と思った。

     今回が3週目となる、毎週火曜日のマクドナルドのコーヒーのキャンペーン。ただ「コーヒー下さい」と言うと上のように店員さんから言い直すように促されて、その通り繰り返して言って、無料でコーヒーをもらってきた。

     もちろんタダでもらったのはうれしかったが、それ以上にちょっとしたワクワク感を覚えたのだ。

     ネットにしても他の媒体にしても、こういう行動が伴った形に対するトライがものすごくなされると思う。それが、今までの広告よりも、なんだかちょっと面白かったり、ワクワクしたモノになったりしてくれると、より楽しいじゃないですか。
    2008-03-04 20:49:28
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集