logo

ユミルリンク、メール配信「Cuenote FC」にフリークエンシー機能を追加した最新版

佐藤和也 (編集部)2021年02月04日 15時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」について、2月3日からフリークエンシー機能を追加した最新版の提供を開始した。

 「Cuenote」シリーズは、独自に開発したメール配信エンジン(MTA)によりメール・SMS配信が高速・確実に実行できるメッセージングソリューションとして展開。Cuenote FCで新たに追加されたフリークエンシー機能は、画面上で「期間」「通数」を指定するだけで、同一顧客(メールアドレス)へのメッセージ送信数を制御する機能。メッセージ送信数の過多に伴うオプトアウト(購読解除)や退会を低減でき、顧客との良好な関係維持に役立つという。

フリークエンシー機能のイメージ
フリークエンシー機能のイメージ

 この機能は、Cuenote FC クラウドサービス(ASP・SaaS)の標準機能として提供されるため、追加料金なく利用できる。Cuenote FCのクラウドサービス(ASP・SaaS)における初期費用は3万3000円から(税込)、月額費用は5500円から(税込)。なお、オンプレミス型(ライセンス)は初期費用247万5000円から(税込)、月額費用は5万600円から(税込)としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]