logo

「Surface Duo」実機レビュー--デザインは美しいが使い勝手は今後に期待

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年09月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Surface Duo」は、在宅勤務時代の今にふさわしい小型デバイスのように、初めは思える。画面が2つになって広くなり、複数のアプリを使える。スマートフォンにもタブレットにもなる(そう、これはSIMカードなどを搭載したれっきとしたスマートフォンだ)。そして価格が1399.99ドル(約14万7000円)とくれば、購買意欲をそそられる。筆者は2画面スマートフォンに魅力を感じたことはなかったが、Surface Duoは役に立つ根拠がしっかりあると思わせる形で登場した。

Surface Duo
提供:Scott Stein/CNET

 外見上は、期待できそうだった。手に持った感じやヒンジもいい。だが、問題は、中身も外見と同じように良いかどうかだ。筆者がSurface Duoを使っていた間は、未完成としか思えないソフトウェアのせいで試練続きだった。今のところ、2画面の価値を感じられるとは言えない。

 確かに、良い点はある。手にした感じと形は魅力的だ。ディスプレイを折り曲げることで自立させることができるのも、普通のスマートフォンと違うところだ。画面がもうひとつあるのは便利で、思わず役に立つことはあるが、筆者としては予想していたほど必要性を感じなかった。TwitterやSlackを使う際には便利だが、キーボード入力を伴うマルチタスクは思い通りにはいかない。そして、2画面というのが煩わしくなったときには、折りたたんで1画面のスマートフォンとして使うこともできる。その点は文句なしなのだが、それでは、そもそもSurface Duoを買う意味がないだろう。

 一方、Surface Duoとほぼ同時期に、サムスンの「Galaxy Z Fold2」が発表されている。1999.99ドルと価格はもっと高く、厚みもあるが、ほぼ折り目なしの折りたたみ式ディスプレイとマルチカメラを採用し、5Gに対応、プロセッサー性能が高くRAMも多い。折りたたみ式スマートフォンへの取り組みの2年目に入ったサムスンが打ち出した製品、それがGalaxy Z Fold2だ。それに比べると、Surface Duoはアイデアの製品化にあと1年かけるべきだったという印象をぬぐえない。だが、仮にGalaxy Z Fold2の発表がなかったとしても、Surface Duoにはいろいろな面で不満が残っただろう。

 以下に、この製品に対する筆者の心境をまとめてみた。Surface Duoを受け入れるまでの、5段階の心境の変化だ。

第1段階:なんて美しいデザインだろう

Surface Duo
「Kindle」アプリ
提供:Scott Stein/CNET

 全体がガラスと金属製で、ヒンジもなめらかに動く。Surface Duoの形状は筆者も納得できたし、こうした2画面折りたたみ式という方向性は正しいかもしれないと思わせる。未来的というわけではないが、不思議と実用的ではないだろうか。本のようにも、ミニノートPCにも、さらには「ニンテンドー3DS」のようにも見える。サイズは妥当で、高評価を得られそうだ。

 ディスプレイは良質だ。5.6インチ、1800×1350ピクセルのAMOLEDで、画質は鮮明、色合いもいい。2面を合わせると対角線が8.1インチとなり、「iPad mini」に近くなる。

 この時点で既に、どうやって持つべきか、どう保護するのかと疑問に思い始めた。製品にはゴム製のバンパーが付属している。付けたくはないのだが、付けるしかないことは分かる。すべり止めになるからだ。そのままではポケットからすべり落ちて床を直撃しそうで不安になる(バンパーを付けると、それが勝手に外れたりすることもない)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]