「Surface Duo」実機レビュー--デザインは美しいが使い勝手は今後に期待 - (page 5)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年09月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、この最初のSurface Duoでうまくいかなかったことを改善するために努力している。次のデバイスでは成功するかもしれない。あるいは、失敗に終わった実験的なウェアラブルのように、Surface Duoも一瞬で消え去るかもしれない。筆者は、実験しようという考えは大好きだが、快適でない実験的なデバイスを使うのは好きではない。そして、現時点では、Surface Duoがどのようなユーザーを想定しているのかも見えてこない。だが、1年後には、より良いソリューションが登場している可能性もある。筆者はMicrosoftの担当者との会話でそう思えたし、最終的に、それが現実になったら嬉しい。だが、今のSurface Duoでは、まだ実現できていないのが現状だ。

Surface Duo
Microsoftの「ソリティア」アプリは2画面に合っているようだ
提供:Scott Stein/CNET

そのほかの特記事項

忘れそうになるが、携帯電話でもある

 携帯電話としての機能は、本格的には試さなかった。ずっと家にいるからだ。インターフェースにすでに悩まされているので、携帯電話としての使い勝手を確認することまで気が回らなかった。通話に問題はないようだったが、自宅にいるので、電波の強度や5Gへの非対応については、まだコメントできない。通信速度を向上させる4x4 MIMOに加えて、物理SIMとeSIMもサポートする。筆者はAT&Tのテスト用SIMを使用している。

バッテリーは丸1日持続しそう

 3577mAhのデュアルバッテリーは15.5時間の動画再生が可能で、18ワットのUSB-C高速充電器が同梱されている。これまでのところ、バッテリー持続時間は、筆者のニーズに十分対応しているようだ。今はずっと自宅にいるので、電車で長時間通勤するようになったらどうなるのかは、まだ分からない。

Wi-Fi 6には非対応

 Surface Duoは次世代のセルラーネットワークやWi-Fiをサポートしない。それでも、Wi-Fiは問題ないように思えたが、iPhoneやノートPCよりも早く自宅のWi-Fiの圏外になることがあった。速度は、低料金の100Mbpsの接続と同じくらいだった。

ストレージ容量は2種類

 1399.99ドルの128GBモデルと1499.99ドル(約15万8000円)の256GBモデルが用意されている。ストレージの拡張はサポートされていない。

一部のアプリがフリーズするように思える(アプリのアップデートが必要か)

 ほとんどのAndroidアプリは正常に機能したが、「Minecraft」やNetflix、そのほかのいくつかのアプリでは問題が発生し、再生がおかしくなったり、スワイプ操作でアプリから離れることができなくなったりした。アプリのタッチゾーンと、OSのスワイプでアプリを画面から消す操作が相互干渉しているように思えることもあった。

ゴム製バンパーは便利

 見た目は悪くなるが、Surface Duoを保護するために使った方がいいだろう。つかみやすくなるし、本体が滑るのも防いでくれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]