logo

コロナ影響で縮小していた世界のタブレット市場、第2四半期は18.6%増と復活

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2020年第2四半期の出荷台数は3860万台で、前年同期の3260万台に比べ18.6%増だった。

 これまで出荷台数は、2019年第4四半期と2020年第1四半期の2四半期連続で減少していた。第1四半期に市場が縮小した一因として、IDCは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を挙げている。

 たとえば、Appleは、第1四半期の生産台数がCOVID-19による工場閉鎖で予定より少なくなっていたという。それが第2四半期になって出荷体制が改善し、前年同期比1.3%増へ戻した。また、COVID-19によって制限される活動が多い状態は続いているものの、消費者が仕事や余暇、eラーニングなどに使うタブレットを求めるようになったそうだ。

 なお、Appleは前年同期比1.3%増にとどまったが、サムスン電子は同42.5%増、Huawei Technologies(ファーウェイ)は同43.5%増、Amazon.comは同52.0%増、Lenovo(レノボ)は同51.0%増と、いずれも大きく成長し、シェアも拡大させた。

 2020年第2四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

1位:Apple

  • 出荷台数:1240万台(1230万台、+1.3%)
  • 市場シェア:32.2%(37.6%)

2位:サムスン

  • 出荷台数:700万台(490万台、+42.5%)
  • 市場シェア:18.1%(15.1%)

3位:ファーウェイ

  • 出荷台数:480万台(330万台、+43.5%)
  • 市場シェア:12.4%(10.3%)

4位:Amazon.com

  • 出荷台数:360万台(240万台、+52.0%)
  • 市場シェア:9.3%(7.3%)

5位:レノボ

  • 出荷台数:280万台(190万台、+51.0%)
  • 市場シェア7.3%:(5.7%)

その他

  • 出荷台数:800万台(780万台、+2.0%)
  • 市場シェア:20.7%(24.0%)

合計

  • 出荷台数:3860万台(3260万台、+18.6%)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]