logo
新型コロナウイルス関連

新型コロナの影響で「iPad」の出荷台数が前年同期比で3割減--IDCが調査

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2020年第1四半期の出荷台数は2460万台で、前年同期の3010万台に比べ18.1%減だった。市場縮小の一因として、IDCは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を挙げている。

 この出荷台数は、デタッチャブル型とスレート型の両タイプを合わせた数値。デタッチャブル型は主にiOSデバイス(iPad)の好調で増加が続いており、前年同期比56.8%増でシェアを拡大したという。一方、スレート型の出荷台数は前年同期に比べ36.4%少なくなった。

 メーカー別のトップは、引き続きApple。ただし、2019年の出荷台数が多かったことと、新型コロナの影響による工場閉鎖で生産台数が予定より少なくなったこともあり、2020年第1四半期の出荷台数は前年同期比30.4%減となってしまった。

 2020年第1四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

1位:Apple

  • 出荷台数:690万台(990万台、-30.4%)
  • 市場シェア:28.0%(32.9%)
  • 2位:サムスン

    • 出荷台数:500万台(480万台、+3.9%)
    • 市場シェア:20.2%(16.0%)
        • 3:Huawei Technologies(ファーウェイ)

          • 出荷台数:300万台(320万台、-8.3%)
          • 市場シェア:12.0%(10.7%)
            • 4位:Lenovo(レノボ)

              • 出荷台数:160万台(160万台、+1.9%)
              • 市場シェア:6.4%(5.2%)
                • 5位:Amazon.com

                  • 出荷台数:140万台(130万台、+6.4%)
                  • 市場シェア:5.8%(4.5%)
                    • その他

                      • 出荷台数:680万台(920万台、-26.6%)
                      • 市場シェア:27.5%(30.7%)
                        • 合計

                          • 出荷台数:2460万台(3010万台、-18.1%)
                            • 出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
                              出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
                              出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
                              出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]