logo

TikTok、広告主とクリエイターをマッチングする「Creator Marketplace」を公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ByteDanceは7月9日、世界中の広告主とクオリティーの高いクリエイターをマッチングする「TikTok Creator Marketplace」(TCM)を正式にローンチしたと発表した。双方をダイレクトに引き合わせ、協働できるオフィシャルプラットフォームを目指すとしている。

キャプション

 同プラットフォームは、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ロシアの世界14カ国に対応。クリエイターの登録者数はグローバルで1万人超。世界14カ国からクリエイターをアサインできるプラットフォームとなっている。

 また、さまざまなカテゴリに分類されており、自社ブランドや製品に最も相応しいクリエイターの選出が可能としている。さらに、クリエイターの過去動画におけるパフォーマンスデータや、フォロワーの年代など属性を分析し、プランニングから実施までを自動化。クリエイターへのオーダーから、広告キャンペーンのローンチまで全てのデータを管理するという。

 
 

 翻訳機能も搭載し、海外とも日本語でコミュニケーションができるため、国際的なコラボレーションも可能とのこと。すでに日本の広告主が海外のクリエイターをアサイン、海外の広告主が日本のクリエイターをアサインするという案件も生まれているという。

 
 

 なお、日本でのリリース時点では決済機能を搭載していないため、広告主とクリエイターとのマッチング機能のみ、オンラインで運用できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]