logo

小田急とKeeyls、鎌倉に無人ホテル開業--フロント業務無人化で高収益化

加納恵 (編集部)2020年03月24日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田急電鉄とKeeylsは3月24日、神奈川県鎌倉市に無人チェックインができる宿泊施設「源(GEN)ホテル鎌倉」を、プレス向けに公開した。鶴岡八幡宮から徒歩1分の場所に位置し、ツインルームからファミリールームまでの3タイプ、全15室を備える。宿泊料金は1万7000円〜。3月26日に開業する。

無人チェックインができる宿泊施設「源(GEN)ホテル鎌倉」
無人チェックインができる宿泊施設「源(GEN)ホテル鎌倉」

 源(GEN)ホテル鎌倉は、小田急が建物オーナーから2〜3階部分を賃借し、ホテルへとコンバージョン。KEY STATION事業や不動産事業を手掛けるKeeylsが運営を請け負う。建物自体は2017年に竣工しており、1階にはコーヒーショップが入居。2、3階部分は空室のままだったという。

 小田急とKeeylsは、小田急線下北沢駅、町田駅へ鍵の予約から受渡までを無人でつなぐ システム「KEY STATION」に連動したキーボックスを設置するなど、連携しており、今回はKeeylsが物件を探し、小田急に提案したことがきっかけ。2019年夏ごろに始動したプロジェクトだという。

 Keeylsの無人チェックインシステムを採用し、遠隔による無人チェックインを実現。ホテル入口にあるチェックインシステムに、予約時に発行されたコードを入力すると、事前登録した宿泊者情報が表示され、オペレーターに動画通話で接続。オペレーターが本人確認後、パスワードが表示される。パスワードをチェックインシステムに入力すると、キーボックスの扉が開き、該当する部屋のキーが取り出せる仕組み。オペレーターはKeeylsのスタッフだ。

無人チェックインシステムを採用
無人チェックインシステムを採用
オペレーターが本人確認後、パスワードが表示される
オペレーターが本人確認後、パスワードが表示される
パスワードをチェックインシステムに入力すると、キーボックスの扉が開き、該当する部屋のキーが取り出せる
パスワードをチェックインシステムに入力すると、キーボックスの扉が開き、該当する部屋のキーが取り出せる

 「フロントのスタッフを無人化することで、収益を最大化させることが目的。この規模の施設であれば、宿泊人数を確保するため、カプセルホテルのような形態か2段ベッドなどの導入必要になるが、源(GEN)ホテル鎌倉では、広めのお部屋を提供できる。ミニキッチンがついている部屋もあり、量を詰め込まず快適な空間が作れる」とKeeyls 代表取締役CEOの大貫功二氏は説明する。

 Keeylsでは、2019年から東京都新宿区で無人フロントホテル「HOTEL BAMPKY」を運営しており、源(GEN)ホテル鎌倉でもその知見を生かす。基本無人で運営しており、清掃とリネン交換は提携会社に依頼しているとのこと。体調を崩すなど、何かあった場合はセコムが10分以内に駆けつける体制を整えているほか、24時間対応のサポートセンターも用意する。

 15室ある室内は、和モダンを意識した内装で、畳や低めのベッドを用意するなど落ち着いた雰囲気。各客室名は「YORITOMO」や「MASAKO」など、鎌倉の歴史にちなんだ名称にしている。

 北条氏の屋敷があったとされるエリアの一角で、江戸時代後期以降のものとされる出土品も多数あるとのこと。敷地内には当時に使用されていた井戸や鳥居、稲荷を再現しているほか、出土品の1つである井戸の型枠が飾られている部屋もあった。

客室名は「YORITOMO」や「MASAKO」など、鎌倉の歴史にちなんだ名称にしている
客室名は「YORITOMO」や「MASAKO など、鎌倉の歴史にちなんだ名称にしている
敷地内には当時に使用されていた井戸や鳥居、稲荷を再現
敷地内には当時に使用されていた井戸や鳥居、稲荷を再現
出土品の1つである井戸の型枠が飾られている部屋も
出土品の1つである井戸の型枠が飾られている部屋も

 小田急では、無人ホテルに加え、この規模の宿泊施設を手掛けるのはほぼ初めて。小田急電鉄 開発企画部課長の宮ケ原耕平氏は「小田急というと沿線の大規模な開発が多いが、それではできる範囲が限られてしまう。今後はこうした空きスペースを活用した小規模な開発も手掛けていきたい。無人運営は収益を高められるバリューアップ手法の一つ。新事業としてのトライアルという位置づけもある」とコメントした。

 源(GEN)ホテル鎌倉内はレストランなどは設けておらず、宿泊施設に特化している。これは「鎌倉の街を食事を含めて楽しんでもらいたい」(大貫氏)との思いから。鎌倉は通常、日中に多くの観光客が訪れるが、朝晩は少なめ。宿泊することで、普段は見ない時間も楽しんでもらいたいという。両社は今後も鎌倉を中心に湘南地区に同様の宿泊施設を複数展開していきたいとしている。

屋上からの景色。鶴岡八幡宮から徒歩1分の場所に位置
屋上からの景色。鶴岡八幡宮から徒歩1分の場所に位置

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]