logo

楽天、高校生と地域課題解決プログラム「Rakuten IT School NEXT」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は8月3日、次世代を担う高校生や各高校の地域住民とともに地域課題の解決を目指す新プログラム「Rakuten IT School NEXT」を開始すると発表した。

 Rakuten IT School NEXTは、国内10校の高校生137名が、楽天社員45名や地域の住民の協力を得ながら、同社のサービスやテクノロジを活用して、各地域の課題を解決する方法を立案するプログラム。

 実施高校とテーマは以下の通り。

  • 岩手県立水沢商業高等学校 「子育て環境の充実」
  • 福島県立ふたば未来学園高等学校 「双葉郡のにぎわい回復」
  • 岐阜県立飛騨神岡高等学校 「過疎先進地の魅力発信」
  • 静岡県立富岳館高等学校 「富士宮のブランド化」
  • 愛知県立南陽高等学校 「フェアトレードタウン名古屋」
  • 和歌山県立和歌山商業高等学校 「南海トラフ地震」
  • 広島県立尾道商業高等学校 「インバウンド観光」
  • 広島県立油木高等学校 「耕作放棄地」
  • 高知県立須崎高等学校 「高齢化と地域コミュニティ」
  • 熊本県立熊本商業高等学校 「熊本地震からの復興」

 8月3日より各高校で実施される3日間のワークショップでは、同社社員がファシリテーターとなり、高校生が地域住民へのインタビューを参考に、課題解決策の素案を作成。その後、数回にわたり同社社員との遠隔での意見交換を通して解決策を改良し、11月に各校で校内発表をする。さらに、校内発表で選ばれた各校の代表チームは、12月に東京で実施予定の成果発表会で、プレゼンテーションする。

 楽天は、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」という企業理念のもと、高校生を対象にインターネットビジネスの実践授業「楽天IT学校」など、さまざまなサステナビリティ・CSR活動を行ってきた。また、現在、多様なステークホルダーと協働し、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の貢献につながる取り組みに注力しており、同プログラムもその一環のひとつだという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]