logo

米ティーンエイジャーはFacebookよりもYouTubeやInstagramを使っている?

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月01日 09時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティーンエイジャーはソーシャルメディアを非常によく利用しているようだ。

 Pew Research Centerが米国時間5月31日に発表した調査結果によると、米国の若者(13〜17歳)の45%がほぼ常にオンラインに接続しているという。3月の調査で、同じように回答した成人は26%だった

 ティーンエイジャーのうち、51%はFacebookを利用しているという。YouTube(85%)、Instagram(72%)、Snapchat(69%)を利用すると回答した割合の方が高い。最もよく利用するサイトを1つ挙げてもらうと、YouTube(32%)、Instagram(15%)、Snapchat(35%)、Facebook(10%)となった。

 そうしたソーシャルメディアの利用を促すスマートフォンについて、95%ものティーンエイジャーが持っている、あるいは利用できる状態にあると回答した。さらに、多くのティーンエイジャーはソーシャルメディアの影響について明確な意見を持っていないようだ。45%はソーシャルメディアの生活への影響について、肯定的でも否定的でもないと述べた。

ソーシャルメディア
提供:Hero Images/Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]