logo

いい場面を自動で撮影するスマートカメラ「Google Clips」--設定から撮影まで - (page 2)

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年03月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セットアップ

 Google Clipsのセットアッププロセスは、ユーザーの使用するモバイルプラットフォームによって若干異なる。「iOS」ユーザーの場合、Google Clipsアプリが近くにあるカメラを検出して接続した後、カメラのファームウェアのアップデートに進む。このプロセスはわずか数分で完了する。

 「Android」ユーザーの場合も、必要な手順はそれと同じだが、手順が1つ増える点だけが異なる。具体的には、Clipsがユーザーの「Googleフォト」アカウントに接続して、ユーザーがGoogleフォトに認識するよう教えた顔をClipsが学習できるように許可するという手順だ。

 GoogleフォトとClipsを連携させれば、自分にとってどの顔が重要なのかをClipsに「教える」プロセスを行う必要がなくなる。だが、ClipsとGoogleフォトを連携させたくない場合は、大切な人やペットの顔にカメラを向けて、シャッターボタンを押す必要がある。

 手動での写真撮影は、写真に写っている人が自分にとって大切であることをこちらからClipsに伝える方法であり、Clipsはその情報を使ってその後の写真を撮影するようになる。

Google Clipsアプリ

 GoogleはiOSユーザーとAndroidユーザー向けにアプリを開発した。ただし、それら2つのアプリの機能は異なる。

 例えば、iOS版アプリでは、Clipsを見つけて自動的に電源を入れ、画像の転送と表示を開始する、ということはできない。「iPhone」ユーザーは、シャッターボタンを押すかレンズを回さなければ、アプリへの接続とクリップの表示は始まらない。

 Googleによると、Android版アプリでのGoogleフォトとの統合機能は、今後iOS版アプリでも提供される予定だという。

 Androidユーザー向けの編集ツールには、動く写真や画像をトリミングできる機能が含まれるが、iOSユーザーはこの機能を利用できない。

 いずれのアプリでも、クリップを表示する2つの主なフィードがある。1つはカメラが撮影した全てのクリップを表示するフィードで、もう1つのフィードには、カメラがユーザーに気に入ってもらえると判断したおすすめクリップと、シャッターボタンを使って撮影された全てのクリップが表示される。

 表示されたクリップを右にスワイプすると、そのクリップが保存される。左にスワイプすると、そのクリップが削除される。全てのクリップを保存するボタンや、瞬間だけを保存するボタン、全てを削除するボタンもある。

 アプリの上部のインジケータには、現在のバッテリ残量やストレージ使用量が表示される。筆者が試した限りでは、カメラのストレージ使用量が10%を超えたことは一度もなかった。アプリではライブプレビュー機能も利用可能で、ユーザーはスマートフォンからリモートで、撮影中の画像をプレビューしたり撮影したりできる。

 現在、Google Clipsが正式にサポートしているのは、サムスンの「Galaxy S7」と「Galaxy S8」、「Pixel」シリーズスマートフォン、「iOS 11」以降を搭載する「iPhone 6」以降のモデルだけだ。

figure_2
撮影したクリップがアプリに表示される(写真は「Pixel 2 XL」でのスクリーンショット)。
提供:Screenshot by Jason Cipriani/ZDNet

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]