logo

グーグル、読み込みが遅いサイトの検索順位をモバイルでも引き下げへ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年01月18日 08時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンユーザーに自分のウェブサイトを見てほしいのならば、読み込み速度を上げた方がいい。遅いサイトの検索順位を引き下げることを、Googleが明らかにしたためだ。


提供:Stephen Shankland/CNET

 Googleはかなり以前から、読み込み速度が速いウェブページを検索結果の上位に表示していたが、これまでその措置は、PCでの検索に対してのみ適用されていた。Googleは米国時間1月17日のブログ記事で、2018年7月からはモバイルでも、特に遅いウェブページの検索順位を引き下げることを明らかにした。

 「人々は、できるだけ早く疑問に対する答えを知りたいと考えている」と、Google検索チームに所属するZhiheng Wang氏とDoantam Phan氏はブログ記事に記した。「調査結果により、人々はページの速度を非常に気にすることが明らかになっている」(両氏)

 ただし、速度だけで順位が決まるわけではない。遅いページでも、ユーザーの検索内容に大いに関連するものは、検索結果の上位に表示される可能性がある。

 ウェブをスマートフォンに表示するのは、ウェブサイトのプログラマーにとって難しい作業だ。スマートフォンはタッチスクリーンが小さく、メモリに制約があり、従量制のデータプランが適用され、プロセッサの性能が低いことも多い。ウェブとブラウザは徐々にその状況に適応しつつあるが、ユーザーはウェブブラウザではなくアプリによって、興味のあるオンラインサービスを利用する場合も多い。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]