logo

麻倉怜士氏が選ぶ2017年A&V機器10選--名プレーヤーから伝説のスピーカまで - 9/10

加納恵 (編集部)2018年01月02日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
低音再生にキレ、名匠が3世代目で作り上げたすごいスピーカ/ELAC「ADANTE AS-61」(スピーカ)

 世界の名匠と言われた、アンドリュー・ジョーンズ氏がELACに移って3作目となるのがこの「ADANTE AS-61」。マーケティングを重視していた前2作と異なり、ジョーンズ氏の個性を生かした音作りがなされており、特に低域の再現性に力を入れている。

 通常、低音を再生するには、筐体に穴をあけるバスレフ方式と、磁気回路をもたず後ろから振動を与えることで、低域の振動だけを出すパッシブラジエータ方式があるが、ADANTE AS-61では、エンクロージャの内部でウーファ部を横方向に2部屋設け、後ろのアクティブウーファが前面のパッシブウーファを空気圧で駆動する独自の方法を採用している。

 この独自の発想が大変効果的で、キレのよい低音を再生しながら、解像感のある音を実現。スピードが非常に早く、ハイトーンの音色も今までのスピーカとは大きく異なる。

 先に紹介したダイヤトーンは透明感に優れていたが、ADANTE AS-61は鮮鋭感が勝り、雄大な音を再生する。この迫力ある音が大変気に入った。
Scroll Right Scroll Left

低音再生にキレ、名匠が3世代目で作り上げたすごいスピーカ/ELAC「ADANTE AS-61」(スピーカ)

 世界の名匠と言われた、アンドリュー・ジョーンズ氏がELACに移って3作目となるのがこの「ADANTE AS-61」。マーケティングを重視していた前2作と異なり、ジョーンズ氏の個性を生かした音作りがなされており、特に低域の再現性に力を入れている。

 通常、低音を再生するには、筐体に穴をあけるバスレフ方式と、磁気回路をもたず後ろから振動を与えることで、低域の振動だけを出すパッシブラジエータ方式があるが、ADANTE AS-61では、エンクロージャの内部でウーファ部を横方向に2部屋設け、後ろのアクティブウーファが前面のパッシブウーファを空気圧で駆動する独自の方法を採用している。

 この独自の発想が大変効果的で、キレのよい低音を再生しながら、解像感のある音を実現。スピードが非常に早く、ハイトーンの音色も今までのスピーカとは大きく異なる。

 先に紹介したダイヤトーンは透明感に優れていたが、ADANTE AS-61は鮮鋭感が勝り、雄大な音を再生する。この迫力ある音が大変気に入った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]