logo

ソニー、より“紙っぽく”なった電子ペーパ―「DPT-RP1」--第1世代機との違いは

加納恵 (編集部)2017年06月13日 16時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニーは6月5日、電子ペーパー「DPT-RP1」(ソニーストア税別価格:7万9800円)を発表した。新モデルの登場は2013年の「DPT-S1」以来、約4年ぶり。重さを約349g(S1は約358g)まで軽量化したほか、ページ送りの速度を最大約2倍にまで高めた最新モデルを写真で紹介する。

 DPT-RP1は、高さ302.6mm×幅224mm×奥行5.9mm。A4サイズ相当の13.3インチで、解像度は1650×2200ピクセル。16Gバイト(使用可能領域は11Gバイト)の内蔵メモリに、約1万ファイルの電子文書をPDF形式で保存できる。
Scroll Right Scroll Left

 ソニーは6月5日、電子ペーパー「DPT-RP1」(ソニーストア税別価格:7万9800円)を発表した。新モデルの登場は2013年の「DPT-S1」以来、約4年ぶり。重さを約349g(S1は約358g)まで軽量化したほか、ページ送りの速度を最大約2倍にまで高めた最新モデルを写真で紹介する。

 DPT-RP1は、高さ302.6mm×幅224mm×奥行5.9mm。A4サイズ相当の13.3インチで、解像度は1650×2200ピクセル。16Gバイト(使用可能領域は11Gバイト)の内蔵メモリに、約1万ファイルの電子文書をPDF形式で保存できる。

-PR-企画特集