logo

次期モバイルOS「Android O」で何が変わる?--9つの注目機能

Patrick Holland (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月27日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期OSの開発者向けプレビューのリリースは楽しいものだ。開発者であれ一般ユーザーであれ、近いうちに自分の端末で使えるようになる新しい機能をのぞき見できる。

 Googleは米国時間3月21日、今のところ「O」とだけ呼ばれる次期「Android」OSの開発者向けプレビューをリリースした。興味ある新機能は、バッテリ持続時間の改善、「通知」設定の簡易化、スマートフォンとタブレットの両方でのピクチャ・イン・ピクチャ動画などだ。これらの機能のすべてが年内に完全な形でリリースされるかどうかの保証はない。

「Android Oについて伝える米CNETの動画」

(1)バッテリ持続時間

 バッテリ持続時間の改善は、Android Oでの最も大きく、歓迎される機能の1つだ。iOSと同様に、Android Oは複数のアプリがバックグラウンドで稼働している場合、アプリの稼働を制限・管理するようになる。

 一般ユーザーには具体的に何が行われているかは見えないが、役に立つ“隠れた”機能の1つだ。例えば、Googleマップをバックグラウンドで起動したままInstagramを使っていると、Googleマップでの位置情報サービスの更新頻度が減り、バッテリ消費を抑えられる。

(2)通知チャンネル

 通知はAndroidの強力な機能だ。Oでは、ユーザーは複数の通知を通知チャンネル(Googleの説明によると「アプリに定義される通知内容のカテゴリ」)にまとめることができる。例えばニュースに関連するアプリのチャンネルがあれば、そのチャンネル内ですべての関連アプリの通知をまとめて設定・表示させることができる。

Android Oの通知機能
Android Oの通知機能
提供:Google

(3)通知のスヌーズ

 通知は便利なものだが、しばらく静かにしていてほしい時もあるだろう。Android Oでは、通知を簡単にスヌーズできる。表示されている通知上で指をスライドさせるとスヌーズする時間を選択する画面(15分、30分、1時間から選択する)が表示され、いずれかをタップすることでスヌーズできる。

(4)ピクチャ・イン・ピクチャ

 iPadには既にピクチャ・イン・ピクチャ動画機能があるが、スマートフォンで完全に機能するのはまだ見たことがない。Android Oは他のアプリを操作中に動画の再生を続ける機能を提供する。NetflixやHBO Nowなどの動画アプリ側がサポートする必要があるが、実現すれば、例えばテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を見ながら本当に「冬来たる」(編集部注:シーズン1第1話のタイトル)なのかどうか天気をチェックできる(ネタバレ:来る)。

-PR-企画特集